最高級の腕時計

各商品の特徴

腕時計

世界には多くの高級腕時計ブランドがありますが、もっともその数が多い国がスイスです。
そしてスイスを拠点としている腕時計ブランドの中でも、とりわけ高い評価を得ているのがパテックフィリップです。
パテックフィリップは創業が1800年代前半であり、今に至るまでそのデザインと品質に対する高い評価を維持してきました。
また、創業初期に作られたような古い時計でも修理を請け負うことを宣言をしていることも手伝って、一生ものの腕時計として世界中の愛好家に認知されています。
パテックフィリップでは複数のコレクションを備えていますが、代表的な種類としては三つあります。
まず一つ目がアクアノートです。
アクアノートはシンプルながらも力強い印象を与える、堅牢なデザインが特徴です。
またパテックフィリップの各コレクションの中で最も高い防水性を備えているモデルで、ラバーストラップのモデルはよりスポーティな印象が強いです。
次がカラトラバです。
カラトラバはシンプルかつフォーマルなデザインが特徴であり、機能美を特徴とするパテックフィリップの中でも、代表的なコレクションということができます。
ブランド名を聞いたときに、まず頭の中にカラトラバの姿を思い浮かべる愛好家は少なくありません。
最後に紹介するのが、グランドコンプリケーションです。
このコレクションはパテックフィリップが誇る技術の粋を結集したといっても過言ではない、複雑な機構を備えています。
そのため価格も超高級の領域に含まれるようなもので、愛好家たちの永遠の憧れとして神格化されています。

他のお買物でも重要です

ウォッチ

パテックフィリップは世の高級時計の中でも世界的な人気のブランドで、既に購入を検討中の人も多いです。
ですがパテックフィリップに限らず服飾関連製品を購入の場合、注意すべきことや事前に検討・確認が必要なこともあります。
その一つが試着・試用で、特に腕時計の場合は可能であれば購入前に試着の経験があったほうが好ましいです。
そこで良いのがパテックフィリップ取扱の実店舗で試着をさせてもらうことです、日本国内も各地に正規代理店・販売店があります。
実店舗に行く際も事前に知っておくべきことがあり、同じパテックフィリップ取扱店も各店で品揃えが大きく異なります。
自分の欲しいモデルがあるか、他にどのような製品があるか等、実際に行く前にお問合せしておくとよいです。
現在はインターネットショッピングが定番化し、中には腕時計もネット通販で購入という人もいるそうです。
インターネット上の公式サイトや口コミサイトで製品関連情報を入手、入念に検討の上で購入を決断するそうです。
ですが腕時計や服飾関連製品の場合は装着感の問題があるので、できればやはり試着をしてから購入のほうがよいです。
デザインは各種媒体で確認できても、腕時計の重さやベルトの素材感その他を全て含む着用感は試着でしか確認できないからです。
またインターネットや口コミサイトでの情報収集には限度があり、自分の場合の情報が無いという難点もあります。
他人の視点・経験による情報を得られるのは大きなな利点ですが、場合により自分には該当しないこともあり得ます。
その意味でも特に服飾関連製品を購入の際は、一度は実店舗での試着・試用したほうが確実に良いと言えます。

着用感と実用性で大きな差

ウォッチ

パテックフィリップをはじめ、時計製品を選ぶ際に知っておくと良いのがベルト素材選びの基準です。
結論から言うと、日本国内では腕時計のベルト素材は皮革以外が良いことが多いです。
皮革素材は水分に弱いので、湿度の高い日本では余程しっかりメンテナンスしない限り劣化しやすいそうです。
腕時計のベルトで人気の一つが金属素材で、特に耐久性とメンテナンスの簡単さで好評です。
パテックフィリップの腕時計製品にもベルトに金属素材使用のものが多数あり、デザインも良いので人気です。
金属素材は、人により重さやアレルギーの問題で使用しにくいものもありますが、現在はこういった問題に対応している製品もあります。
どなたも着用しやすい金属素材を利用したもので、プラチナ・ゴールド・チタンを使用しているため、軽量な上にアレルギー発生の可能性も低減なので安心です。
またパテックフィリップの腕時計製品ではあまり見かけない素材ですが、シリコンラバーもあります。
現在の腕時計製品に採用のシリコンラバー素材はアレルギーフリー仕様が主流で、皮膚が敏感な人にも配慮されています。
シリコンラバー素材はお手入れも簡単で、石鹸または洗剤で洗うだけでキレイになります。
石鹸または洗剤に重曹を混ぜると、さらにキレイに洗えるそうです。
色によっては着用のうちに黒ずんでくる場合もありますが、その場合も簡単に洗うだけでよいので手軽と好評です。
パテックフィリップにはベルトにシリコンラバー使用の時計製品は無いので、ベルト交換をオーダーすることになります。